メルヘンハウスBlog

4月13日(土)、小池アミイゴさんのワークショップ開催決定!

小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ

絵本『とうだい』(福音館書店)の絵を手掛けた、小池アミイゴさんと一緒に絵を描きましょう!

「表現の最初の一歩が幸せなものであるように」と、イラストレーターの小池アミイゴさんが日本各地で開催してきた絵の時間です。

小さな子どもから、おじーちゃん・おばーちゃんまで、心も体も振り切って気持ちの良い絵を描きましょう!「わたしは絵が描けないから〜、」と言う人こそウエルカムです。

今回は初めての星が丘で、やはり初めての試みとして、みんなで大きな絵本を作ってみたいと思います。絵本といっても、それがどんなものになるのか?人が集まるからこその「思いがけなさ」を楽しみます。

ワークショップ詳細

場所:星が丘テラス WEST2F 期間限定イベントスペースHACO(バナナ・リパブリック西側)
日にち:4月13日(土)※雨天時は4月14日(日)に順延
時間:13:30 ※10分前にお集まりください
所要時間:1時間半程度
費用:無料
定員:親子20組
年齢制限:なし
参加方法:mh-event@hoshigaoka.co.jpへ必要事項をお知らせください。
     必要事項<代表者名・参加人数・電話番号>
備考:・汚れても良いオシャレな服装でお越しください。
   ・画材等こちらで用意します。

小池アミイゴってどんな人?

小池アミイゴ:イラストレーター、画家
1962年群馬県生まれ。長沢節主催のセツモードセミナーで絵と生き方を学ぶ。
1988年よりフリーのイラストレーターとしての活動をスタート。CDジャケットや書籍、雑誌等仕事多数。
1990年代、いくつかのバンドでキーボード奏者として活躍。併せてCLUB DJとしてイベントを主催。
デビュー前夜のclammbonやハナレグミなど多くのアーティストの実験現場として機能させる。
2000年代、日本の各地で暮らす人と共に、ライブイベントやワークショップを企画開催。
2011年3月11日以降、東北の各地を巡り作品を制作、
個展「東日本」として青山のspace yuiで2012年、14年、15年、17年、19年に開催。
熊本県津奈木町のつなぎ美術館、宮城県塩釜市の杉村惇美術館など、日本各地を巡回。
17年11月-2月福島藝術計画×ASTT2017福島県柳津町子どもアートプロジェクト。
19年2月17年11月-2月福島藝術計画×ASTT2017福島県昭和村子どもアートプロジェクト。
小山薫堂氏とのコラボレーション「旅する日本語2018」を羽田空港で展開中。
絵本「とうだい」(福音館書店)の作画、「うーこのてがみ」(角川書店)など。
池袋コミュニティーカレッジにて「アミイゴ・イラストレーションクラブ」第2第4木曜に開講中。
本年度より東京イラストレーターズソサエティ(TIS)理事長就任。