メルヘンハウスBlog

醒めない

星が丘テラス「HACO」にて、期間限定復活のメルヘンハウスから一週間が経ちました

あっ言う間の13日間、多くの子どもたちや皆さんにご来店頂きました。

そもそも、今回の期間限定復活は、メルヘンハウス閉店から1年、実店舗再開へ向けての本格的始動から半年、区切りの良い時期に「子どもの本専門店」と言う「コミュニティスペースを作りたい!」と考えてのことでした

結果、1120冊の絵本が13日間の期間を待たずして11日間で、子どもたちや皆さんに手渡すことが出来ました。そして、多くの再会と新しい出会いがあり、今もまだワクワクしています。

「子どもたちに絵本を手渡したい!」

私の欲求は、ほんの少しだけ満たされました。しかし、まだまだこれからです。

必ずや、子どもの絵本を介して、子どもも大人もボーダレスに集うことが出来る、「メルヘンハウス」と言う、コミュニティスペースを創りあげます。

私のこの気持ちは、醒めることはありません。

今後ともよろしくお願いします。

メルヘンハウス 三輪丈太郎