メルヘンハウスBlog

現在の三輪哲の肉声を公開します!〜三輪哲と丈太郎親子の何気ない雑談〜

5分間に凝縮された、三輪哲の想い

1973年に、日本で初めての子どもの本専門店「メルヘンハウス」が誕生しました。
現在75歳の私の父で初代店主の三輪哲が、若き28歳の時に一文無しの状態で知人、友人に助けられ、「子どもたちに良い本を!」と言う基本理念を掲げ、眩しいほどの情熱だけで始めたお店です。

私が講演会やイベントなどで父を知る人とお会いする際は、必ずと言っていいほど「お父さんはお元気ですか?」と聞かれます。私はいつもその質問に関して、「年相応にやってます。」とお答えしています。

このように、父に対して特別な想いを抱いて頂いている方々に、私の言葉で父の現状をお伝えするよりは、普段、日常の中で私と父の雑談を肉声で聴いて頂いた方が良いと思い、私たち親子の雑談を音声にて公開いたします。

44年前の、若き三輪哲と、生まれたばかりの三輪丈太郎

私にとっても、父との雑談はとても重要な時間です。たった5分足らずの短い時間ですが、三輪哲の児童書に対する真髄が凝縮されています。下記のプレイヤーより是非とも聴いてみてください。

 

また、会話の中で登場する『ちいさなちいさな王様』(講談社)もご紹介します。

『ちいさなちいさな王様』(講談社)

ご興味のある方は、手に取って読んでみてください。